日曜、祝日は定休日です。11月3日, 4日, 14日, 15日, 23日, 24日はお休みです。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

日ハム清宮幸太郎選手が有鈎骨を骨折

日本ハムファイターズの一塁手である清宮幸太郎選手が2019年3月3日のDeNA戦で右手有鈎骨を骨折する怪我をしました。

有鈎骨骨折


9回の4打席目でバットを振った時に痛みが発症しました。手首に痛みが走り、途中交代となりました。1)翌日4日の検査で右手有鈎骨骨折(ゆうこうこつこつ)が診断されました。2)有鈎骨とは手首にある8つの手根骨の1つの骨です。野球ではたまに見られる怪我なのですが、怪我全体としては少し珍しい怪我です。

摘出手術が行われる
そして、5日には有鈎骨骨片摘出手術が行われたと報道されています。3)この報道から、おそらく有鈎骨鈎の摘出が行われたのではないかと推測します。

鈎とは
英語ではHamateと言います。日本語では有鈎骨と言うんですね。鈎は鉤とも書かれるそうです。鈎、鉤は「かぎ、こ、こう、はり、ち、はぜ」と読みます。これは先が曲がった棒状の金属製の器具で、曲がった部分を何かに引っ掛けて使います。英語で言うフックです。4)難しい漢字ですね。

Hook of Hamate


ここで僕は「あー!」となりました。何故かというと、hamate boneにはhook of hamateといわれる部分があるからです。日本語では有鈎骨鈎というそうです。これは何かというと、この骨の
フックのように出っ張っている部分のことです。手根骨の中で珍しい形をしています。

この怪我についてはまた別の記事を書こうと思っています。お楽しみに。

参考文献
1)http://news.livedoor.com/article/detail/16103769/
2)http://news.livedoor.com/article/detail/16111622/
3)http://news.livedoor.com/article/detail/16113390/
4)https://ja.wikipedia.org/wiki/鉤

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次