日曜、祝日は定休日です。11月3日, 4日, 14日, 15日, 23日, 24日はお休みです。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

アイビーリーグは秋のスポーツを全てキャンセルに

NCAA ディビジョンIのアイビーリーグは今年の秋スポーツのシーズンにおいて全ての競技をキャンセルことを発表しました。

目次

秋スポーツをキャンセル

キャンセルの理由はCovid19(コロナウイルス)のためとしています。

その先の冬、春のシーズンについてはまだ決定していないそうです。

秋スポーツの主なスポーツは 

  • フットボール
  • 男子・女子サッカー
  • 女子バレーボール
  • 男子・女子クロスカントリー

などのスポーツが含まれます。

アメリカでは9月が新年度開始であり、新入生が来て、多くの学生が夏休みを終えキャンパスに戻ってきます。

学校全体が活気に溢れる時期でもあります。

その中でスポーツイベントはキャンパスを盛り上げます。

特にフットボールはどの大学でも花形スポーツで多くの観客が生徒、一般の方問わずスタジアムに集まります。

新入生を含む学生たちは試合に共に行き、酒を飲み、騒いで交流を深めるといった光景がアイビーリーグだけでなく全米の大学で見られる風景です。

言うまでもなく、シーズンが行われないことで選手はもちろん残念に思っているし、学校全体が残念に思っていることでしょう。

また、フットボールはどの大学にとってもrevenue sportsと言われる収入を得るスポーツの1つです。

アスレティックデパートメントにとって経営をしていくためには重要な位置を占めているので頭痛のタネでしょう。

アイビーリーグの大学とは

アイビーリーグの加盟する大学は

  • ブラウン大学
  • コロンビア大学
  • コーネル大学
  • ダートマス大学
  • ハーバード大学
  • ペンシルバニア大学
  • プリンストン大学
  • イエール大学

の8校です。

アイビーりーぐの学校は東海岸にあり、学業でとても優秀な大学として世界的に有名です。

アイビーリーグはDivision1ながらアスレティックスカラシップがありません。

しかしながら、これらの大学は数多くのファイナンシャルエイドが用意されており、一般学生を含め多くの生徒が何らかしらのファイナンシャルエイドを受けています。

僕が知っている1つは

年収$65,000以下の家庭は授業料が全て支給

されます。

他のカンファレンスの動向は

現在のところ、NCAA Division1に所属するカンファレンスで秋シーズンのキャンセルを表明したところはアイビーリーグのみです。

引き続き全米でCovid19の懸念が続く中、同じような決定を他のカンファレンスがする可能性もあるでしょう。

また、カンファレンス全体では無く、学校として同じような決定を下すところも出てくるかもしれません。

大学としてはとても難しい選択を迫られていることでしょう。

今のところ、多くの大学ではオンライン授業に移行されていますが、大学の場合、選手やチームスタッフだけでなく、一般の学生や教授への影響も考えなくてはなりません。

全米で生徒数がトップクラスのオハイオステイト大ですと生徒数は50,000人を超えます。

今回のCovid19はいまだかつて無い出来事ですからどこもどうするべきなのか分からないところでしょう。

こんなときヘッドトレーナーは何をするか

このようなとき、大学のスポーツメディシンではどのような動きがあるのでしょう。

僕の経験による憶測になりますが、ヘッドトレーナーはアスレティックディレクター(AD、体育局長)と話し合いを持っています。

なぜかというと、今回の問題は健康、医療に関わることだからです。

アスレティックトレーナーはアスレティックデパートメント内の健康と医療について任されていて、その専門家です。

そのため、ヘッドトレーナーはADに考えられるリスクと提案をしていることでしょう。

また、ヘッドトレーナーはチームドクターとも話し合いを持っているでしょう。

チームドクターからの提案などもADに伝えているはずです。

また、ヘッドトレーナーはアシスタントトレーナーとこの件に関してミーティングを重ねているはずです。

そこではそれぞれの考えを共有し、どのようなリスクが考えられるのか、どのような対応をするべきなのかが話し合われます。

また、ヘッドトレーナーからはADの考えや計画なども報告されます。

そして、アスレティックデパートメントの方向性が決定した時点でヘッドトレーナーは全てのヘッドコーチは方針を発表し、それを徹底します。

このようにヘッドトレーナーにはコミュニケーション能力が必要です。

ヘッドトレーナーは単に選手の怪我の対応だけでなく、それよりもadministration, 管理、運営の仕事が重要になり、その仕事の方がメインになっています。

まとめ

  • アイビーリーグは秋スポーツを全てキャンセル
  • 理由はCovid19(コロナウイルス)のため
  • アイビーリーグとは東海岸にある学業で世界的に優秀な8校が所属するカンファレンス
  • 他のNCAA Division1から秋スポーツのキャンセルの表明はされていない
  • ヘッドトレーナーは各所とコミュニケーションをとり、健康に関する管理をリードしている。

参考文献

https://www.espn.com/college-sports/story/_/id/29430262/ivy-league-rules-playing-all-sports-fall-due-coronavirus-pandemic

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次