プロバスケットボール選手!来シーズンの為にオフシーズンに自分の身体を整えてみませんか?

バスケットボールのプロリーグであるBリーグは5月上旬にシーズンを終えました。多くの選手たちは数週間のオフを取り、次のシーズンに向けて徐々に身体を動かし始めている事でしょう。

NBAの多くの選手たちはシーズン終了後、完全なオフを取りバスケットから離れます。その間は家族と過ごしたり、旅行をしたりして疲れた身体と心を休め、リフレッシュする事に集中します。その後、彼らは身体を動き始めるのですが、身体に気を使っている選手たちはいきなりバスケットを始めたりせず、まずは身体のメンテナンスから始めます。

彼らはプロのアスレティックトレーナー(AT)や理学療法士(PT)、ストレングスコーチ(S&C)などと一緒に身体にある問題の部分の改善に努めます。ATなどは選手の身体の評価を行い、どこに問題があり、何が問題であるかを見つけます。また、どのような動きが上手く行われていないか評価します。その評価に基づきマニュアルセラピーやエクササイズで問題を改善し、パフォーマンスの向上を目指します。多くの場合、身体の部位のモビリティ(可動性)やスタビリティ(安定性)、バイオメカニクス(身体の動き)の改善をします。

みなさんもこのオフシーズンに身体を整えて来シーズンのパフォーマンス向上を一緒に目指しませんか?パフォーマンス インテグレーションでは筋肉の使い方のバランスを整えてモビリティやスタビリティ、動きを向上させます。多くの場合、働きすぎな筋肉と働いていない筋肉がありそれが原因で関節が適した位置にないため、モビリティやスタビリティが無く、身体の動きが悪いのです。パフォーマンス インテグレーションではマニュアルセラピーとエクササイズをすることにより、筋肉の本来の働きを取り戻し、身体の動きを向上させます。アメリカでATとして長年に渡りプロ選手やNCAAディビジョン1のエリート選手に提供してきた知識と技術をみなさまにも提供します。

ホームページをご覧になり、こちらまで是非ご連絡ください。

info@theperformanceintegration.com

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次
閉じる