日曜、祝日は定休日です。平日の2月8日, 9日, 15日, 16日,17日, 23日, 24日はお休みです。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

NCAA男子バスケの試合中に首と肘の怪我

2023年1月22日に行われたNCAA男子バスケットボール、ノースカロライナ州立大(NCステイト)対ノースカロライナ大(UNC)の試合中に首と肘の怪我が起こりました

試合の後半残り10分を切ったところでNCステイトのTerquavion Smith選手がドライブに行ったところ、UNCの選手がブロックに行き、その際にSmithと接触しSmith選手はそのまま床へ落ちました。

NCステイトの発表によると、その際にSmith選手は首と肘の痛みと右腕の無感覚を訴えたため、スパインボードとストレッチャーでUNCの大学病院へ搬送されたとのことです。

レントゲンの結果は陰性で骨折などは無かったそうです。

Smith選手自身もツイッターで無事であることを報告しています。

スポーツ中の首の怪我の場合は細心の注意が必要となります。

大怪我の可能性があるので選手を動かすことなく、首を固定し、素早い医療機関への搬送が必要となります

動画にあるようにチームのアスレティックトレーナーと救急隊(EMS)が協力して怪我への対応が行われているのがわかります。

アメリカの大学でアスレティックトレーナーとして勤務した僕の経験上、ほとんどの試合で救急隊が万が一のために待機しています。

怪我が起こってから救急車を呼ぶのではなく、事前に待機させています。

このための費用はかかりますが緊急時の素早い対応を重要視しているために行われています。

今回の記事に興味を持ってくれた人に読んでほしい記事はこちら!

パフォーマンスインテグレーション:東京、市ヶ谷のプロ選手も通うスポーツの怪我のリハビリテーション専門院。米国アスレティックトレーナー(ATC)による施術とリハビリテーション。痛みの軽減とスポーツへの復帰をお手伝いします。16年間アメリカのトップアスリートを支えた実績。豊富な経験と知識、高い技術であなたの身体をケアします。ホームページはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次