#4 股関節を動かす指示 「マサさんに聞く!医療英語」

4回目の医療英語の動画はいかがでしたか?

まだ見てない方はまず上の動画を見て下さい。

普段あまり使わないかもしれませんが、繰り返し練習してみて下さいね。

英語は何度も声を出して言って下さい。

頭の中で覚えても実際に口から出てくるようにはなりません。

では、#4 股関節を動かす指示で出てきた表現のまとめです。

目次

部位の名称

  • 股関節 = hip joint
  • 骨盤 = pelvis
  • 脚 = leg
  • 太腿 = thigh
  • 下肢 = lower leg, shin
  • 足 = foot

Hipですが、日本語で「お尻」と言うと、後ろ側のいわゆる「お尻」ですよね。
しかし、英語で「hip」と行った時は前も後ろも含めてお尻全体を指します。

日本語では発音上、脚も足も同じなので聞いただけだと分かりにくいですが、
その点では英語ははっきりと分かれています。
Legとfootでは違うので気を付けましょう。

下腿のshinは「シンスプリント」の「シン」です。

仰向けで股関節を曲げる

股関節屈曲の場合

  • 自分で動かしてもらう場合(能動)

“Bring your knee to your chest.”

  • こちらが曲げるとき(受動)

“I am bending your hip.”

“I am going to bend your hip.”

“I am going to flex your hip joint.”

などの言い方があります。

股関節外転 / 内転の場合

  • こちらが動かすとき(受動)

“I am going to bring your leg to outside.”(外側に)

“I am going to bring your leg to inside.” (内側に)

混乱しやすい英語表現

英語で外転はabduction(アブダクション), 
内転はadduction(アダクション)と言います。 

講習会などで講師がよく

外転のことをABduction(エービーダクション)、
内転のことをADduction(エーディーダクション)、

と言うときがあります。

日本でも海外の指導者が来てセミナーなどが行われたり、
動画を見る機会が増えてきていますので
知っておくと聞いていて混乱しないかもしれませんよ。

外転=誘拐?

解剖でabductionはご存知の通り、「外転」という意味ですよね。

「身体の中心線から離す」という意味です。

しかし、ニュースなど一般的に使われるときは「誘拐」という意味です。

共に「離す」というところが共通していますね。

僕は解剖での意味しか知らなかったので、
初めてニュースで聞いた時は
「え?どういう意味?外転?!」
と思っていて、よく分かりませんでした。
調べてみたら、「誘拐」という意味があると知り、
似ていて面白いなと思いました。

abductionの接頭語、abは「離れる」という意味なんです。

逆の言葉、

addictionの接頭語、adは「向かう」という意味です。

接頭語や接尾語の意味を知っておくと単語を覚えやすかったり、

知らない単語を見たときに何となく分かったりしますよ。

動きの名称

  • 屈曲 = flexion
  • 伸展 = extension
  • 内転 = adduction
  • 外転 = abduction
  • 内旋 = internal rotation / medial rotation
  • 外旋 = external rotation / lateral rotation

座位で股関節内旋/外旋の指示

  • 内旋してください。

“Rotate your leg in.”

  • 外旋してください。

“Rotate your leg out.”

  • 指を使って、その方向へ動かしてもらうこともできます。

“Bring your foot towards my finger.”

背臥位/伏臥位での股関節屈曲/伸展指示

  • 行けるところまでまっすぐ脚を上げてください。

“Lift your leg up as far as you can.”

この表現は屈曲でも伸展でも使えます。
背臥位か伏臥位の体位の違いで、「脚を上げる」という動きは同じだからです。

  • 膝はまっすぐにしてください。

“Please keep your knee straight.”

  • 反対の脚はテープルにつけたままにしてください。

“Keep your opposite leg on the table.”

“Keep your right/left heel down.” 

などの言い方があります。

  • 膝が出るまで下に降りてきてください。(背臥位で)

“Scoot down until your lower leg is off the table.”

  • 仰向けからうつ伏せ、うつ伏せから仰向けになってもらう時。
    裏返ってください。

“Flip over.”


ここに紹介した以外にも表現方法はいろいろあります。

シンプルな表現を紹介するようにしています。

それの方が使いやすいとおもうからです。

もっと長い表現にしたり、

もっと丁寧な言い方もありますが、

臨床を素早く的確に進めていくために

まずはシンプルな表現が皆さんの役に立つと思っています。

何度も声に出して練習して下さいね!

では次回の「マサさんに聞く!臨床英語」をお楽しみに。

See you soon!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次
閉じる