Bリーグプレーオフ開始と今年のフォーマット変更

今日からBリーグのプレーオフが始まります。楽しみです!

組み合わせを見ると左の山のほうが大変なように僕は思います。1回戦で楽しみなのは川崎at 栃木です。レギュラーシーズンの成績は川崎が4020敗、栃木が4911敗です。直接対決では栃木が40敗です。この準々決勝は全試合が栃木で行われます。スタッツ的には栃木の方が有利ですね。

しかし、川崎は代表チームの柱でもあるファジーカス選手と代表チームキャプテンの篠山選手がいます。ファジーカス選手はレギュラーシーズンの平均得点が22.3点です。プレーオフはレギュラーシーズンとはまた違ったものなのでどうなるかわかりませんね。

今シーズンからプレーオフのフォーマットが変わりました。第3戦は次の日にフルに試合をするように変更されました。今までは延長戦のような第3戦でしたからね。この変更はとても良かったと思います。選手はこれでスッキリするでしょう。たぶん、みんなスッキリですよね。

準々決勝と準決勝はベストオブ3、決勝は1試合というフォーマットです。これは好きではありません。最後の大一番の決勝だけが一発勝負というのは「運」が占める部分が大きいと思います。長いシーズン戦ってきて、プレーオフも準決勝まで2勝先勝なので決勝もベストオブ3でやってもらいたかったです。そうでなければ、準々決勝と準決勝が1試合で、決勝はベストオブ3のほうがまだ良かったように思います。おそらく、ビジネス的理由でもあるのでしょう。来シーズンはこのフォーマットの変更があったらいいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次
閉じる