日曜、祝日は定休日です。12月7日, 8日, 21日, 22日はお休みです。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

ACL損傷について10個の知っておくべきこと

481954c0-6685-4c16-817a-baa3695dcf17

写真:https://www.local-physio.co.uk

前十字靭帯(ACL)は膝の靭帯の一つで、膝を安定させる主要な靭帯です。ACLはスポーツによる膝の怪我でよく損傷する靭帯です。ACL損傷が発生するよくある動きは急な方向転換や急なピボット、急な停止、ジャンプからの着地です。ACL損傷について知っておくべきことは次の10個です。

1、ACL損傷はどんなスポーツでも起こりますが、よく起こるスポーツはフットボールやバスケットボール、サッカーです。

2、ACL損傷は男性よりも女性に多く見られます。

3、50のACL損傷は膝にある他の靭帯や軟骨も一緒に損傷します。例えば、内側側副靱帯や外側側副靭帯、後十字靭帯、半月板です。

4、ACLと共に上記した靭帯などが損傷した場合、一般的には手術が勧められます

5、70のACL損傷は接触の無いスポーツで起こります。

6、ACL損傷をした選手のうちの50%は損傷後10−20年のうちに変形性関節症が発症します

7、2−3回の予防エクササイズやトレーニングでACL損傷のリスクを減らすことができます。

8、その予防エクササイズは10−15分の短い時間で終わらせることができます。予防エクササイズの例はストレッチやストレングス トレーニング、ジャンプ トレーニング、バランス トレーニングです。

9、研究によると、予防エクササイズやトレーニングをやることによってACL損傷や他の膝の怪我を50%減らすことができます

10、予防エクササイズやトレーニングは垂直跳びやエアロビックフィットネス、スプリントのスピードなどのスポーツパフォーマンスを向上させることができます

参考文献:NATA News March 2016

パフォーマンス インテグレーションでは膝の怪我の予防エクササイズや治療、リハビリテーションを提供しています。セッションの予約や治療、リハビリテーションに関するお問い合わせは今すぐお電話を。シカゴオフィスの電話番号は312.841.9445です。

また、当院の詳しいことはウエブサイトでご確認ください。当院のフェイスブックとツイッターもフォローしてくださいね。よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次