日曜、祝日は定休日です。12月7日, 8日, 21日, 22日はお休みです。お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

前十字靭帯損傷とは?

photo:https://orthopaedics360.com.au/knee/acl-rupture/

「前十字靭帯損傷」という怪我をニュースなどで見ることがあると思います。
もしくは、あなたの友人やチームメイトがこの怪我を負っている場合があるでしょう。

こんなことを思ったことはありませんか?

  • そもそも、前十字靭帯ってなに?
  • 前十字靭帯損傷ってなに?
  • 前十字靭帯を損傷するとどうなるの?

12年間アメリカの大学でアスレティックトレーナー(ATC)として働き、4年間クリニックを経営してきた僕が簡単に説明します。

目次

前十字靭帯は膝にある主要な靭帯の1つ

そもそも、前十字靭帯ってなに?

結論:前十字靭帯(ACL)とは膝を安定させる靭帯です。

その理由は前十字靭帯(ACL)は大腿骨(読み方:だいたいこつ)(ももの骨)と脛骨(読み方:けいこつ)(すねの骨)をつないでいるからです

ちなみに、前十字靭帯のことをACLと言われることが多いです。
それは、前十字靭帯を英語で言うと、Anterior Cruciate Ligamentといい、その頭文字をとってACLとよく言われます
アメリカでもACLと略して言うことがほとんどです。

「前十字靭帯 = ACL」

ですので覚えておいてください。

Photo:https://medicalnote.jp/contents/180226-006-IY

には4つ主要な靭帯があり、前十字靭帯(ACL)はその1つです。
大腿骨(ももの骨)の後ろの方から脛骨(すねの骨)の前の方に斜めに走っています

では、前十字靭帯 (ACL)がどのような役割をしているか簡単に説明します。

photo:http://www.reha-kaiseikai.or.jp/sope.html

まず1つ目は、「膝が過度に前方へ動くのを防ぐ」です。
どういうことかというと、脛骨(すねの骨)が前へ動いたとき、前十字靭帯がピンと張って前へ行き過ぎるのを止めます。

photo:http://www.reha-kaiseikai.or.jp/sope.html

2つ目は、「膝が過度に内側に捻るのを防ぐ」です。
これは、脛骨(すねの骨)が外側に回転し、大腿骨(ももの骨)が内側に回転するように、それぞれが逆方向に回転してねじれた時に、前十字靭帯がピンと張って捻りを止めます。

前十字靭帯以外にも膝を安定させる靭帯や筋肉もありますが、間違いなく前十字靭帯は主要な組織の1つです。

もう一度言います、前十字靭帯は膝を安定させる重要な靭帯です。

損傷とは前十字靭帯が切れてしまうこと

前十字靭帯損傷ってなに?

結論:前十字靭帯損傷とはそれが断裂してしまうことです。

専門的には前十字靭帯損傷の「損傷」には重症度によって1〜3までのグレードがあります。

photo:https://www.sportsinjuryclinic.net/sport-injuries/ankle-pain/acute-ankle-injuries/ankle-sprain-diagnosis

グレード1から3まで靭帯がどのような状態なのかを説明します。

  • グレード1:靭帯が伸びてしまった状態。しかし、切れてはいない。
  • グレード2:靭帯が部分的に断裂している状態。
  • グレード3:靭帯が全部完全に断裂している状態。1)

しかし、一般的に「前十字靭帯損傷」と言われたときは完全に切れている(断裂)ことを意味していることが多いです。

もう一度言います。
靭帯の損傷には1~3のグレードがある。
一般的に「前十字靭帯損傷」と言ったときはグレード3である完全に断裂していることを意味する場合が多い。

あわせて読みたい
スポーツ選手が前十字靭帯を損傷した時に手術をするかどうかの選択 Photo: www.atlanticortho.com 最近に前十字靭帯を切ってしまって手術について悩んでいたり、心配している人がいると思います。 こんな事が心配ではありませんか? 前十...

以前にこんな記事も書いてますので合わせて読んでください。

前十字靭帯が損傷すると膝がぐらぐらする

前十字靭帯を損傷するとどうなるの?

結論:前十字靭帯が損傷すると膝が不安定になります。

photo:https://www.verywellhealth.com/knee-pain-instability-2549493

不安定になる理由は膝を曲げた時に脛骨(すねの骨)が前にずれ、内側にひねられるからです。
先に説明したように、前十字靭帯は大腿骨(ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつないでいます。
それが無くなってしまうため、脛骨(すねの骨)が前に動いたときにストップしないのです。

具体的にどのような感覚なるかというと、膝がガクッと崩れる感覚です。

もちろん、前十字靭帯の損傷で痛みや腫れの症状もありますが、1番の問題はこの不安定性です。

もう一度言います。
前十字靭帯が切れてしまうと膝がぐらついて不安定感を感じます。

まとめ

  • 前十字靭帯は膝にある主要な靭帯の1つ。
  • 損傷とは前十字靭帯が切れてしまうこと。
  • 前十字靭帯が損傷すると膝がぐらぐらする。

参考文献

1) https://sportmedbc.com/article/ligament-sprains


YouTube版はこちら

YouTube版もブログと併せてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パフォーマンスインテグレーション代表
全米アスレティックトレーナー協会公認、アスレティックトレーナー(ATC)

東京の市ヶ谷で怪我の予防と施術、リハビリテーション、トレーニングを行なっています。腰痛や膝の痛みのリハビリの専門家です。ブログではスポーツ障害や健康に役立つ情報を中心に発信しています。

アメリカの大学(NCAAディビジョン1)にて多競技でアスレティックトレーナー(ATC)として12年間働きました。多くの大学生やプロアスリートの怪我の予防や治療、リハビリを行なってきました。

目次